明日をみつける旅ブログ

明日をみつける旅ブログ

何も取り柄がないけど、できることを見つけたい。

この色が好き

f:id:kuronekotabi:20201031114645j:plain

今週のお題「急に寒いやん」。

こんにちは。 

 

昼間はよく晴れていても、朝晩はぐっと冷え込む季節がやってきました。

朝起きて換気のために窓を開けるのもたまに躊躇ってしまいます。

 

四季の移り変わりを感じますね。

 

さいころは正直そんなこと興味がなくて、紅葉とか、花が咲くとか、冬の澄んだ空や空気感の良さが全然わからなかったのになぁ。

 

あれから何年も経って年を重ねたからでしょうか、いつの間にかそのありがたさに気付くことができるようになりました。

この時期の紅葉、きれいですね。f:id:kuronekotabi:20201031114503j:plain

f:id:kuronekotabi:20201031114433j:plain

写真は数年前のものです。

 

メルボルンでの秋はこんな感じでした。

f:id:kuronekotabi:20201031120320j:plain

日本の紅葉を見たあとだとなんか少し物足りない写真?

 

 

 

澄んだ空は好きですが、寒さに関しては未だ好きにはなれません。

 

布団はもう冬仕様です。

もっと寒くなったら電気毛布もプラスします。

昼間は暖かい服を重ねて、カイロを駆使して体を冷やさない工夫は抜かりなく。

 

今日はいい天気だったので、こたつ布団を干しました。

すぐに大活躍するシーズンになるはず。

 

今年もこたつと半纏で乗り切りたいです。

それでは^^

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

kuronekotabi.hatenablog.com

kuronekotabi.hatenablog.com

 

ワーホリ生活費を抑える節約術!実践した12のこと〈後編〉

f:id:kuronekotabi:20201030173559j:plain

こんにちは!

前回に続いてオーストラリアでの生活を思い出して書きます。

 

物価が高いオーストラリアで生活するために、私が実際に行っていた節約術について。

書き出してみると予想以上に長くなってしまったので、前編後編に分けています。

今日はその後編です!

 

良ければ前編もご覧ください^^

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

私が生活していたのはコロナが流行るよりも前なので、今は状況が変わっていることがあるかもしれません。

あくまで私の体験談として書いていきたいと思います。

よろしければ少しお付き合いください。

 

 

 

 

 

仕事選びで節約

より多くのお金を得るには、まず時給の高い仕事を見つければいいと考えますよね。

他にもカフェで働きたい、英語力を伸ばしたいなど、仕事選びの基準も人それぞれあるかと思います。

ではその1つとして、「節約につながる」という選択肢で選ぶのはどうでしょうか。

 

8.まかないつきのところで働く

f:id:kuronekotabi:20201030174341j:plain

はっきりいって私が1番節約できた理由はこれです。

私はいわゆるジャパレスと言われる日本食レストランで働いていたのですが、毎回仕事終わりに残ったものを持ち帰らせてもらえたので、かなり食費が抑えられました。

1日勤務した時は、お昼もそこで無料で食べて、夕飯も持って帰れたので、ほとんど食費がかからない日もありました。

しかもジャパレスなので白米が食べられます(笑)これも本当にありがたかった!

 

日本を離れて生活してみて感じたのは、思っている以上に自分が日本食文化に慣れ親しんでいるということでした。

例えば日本食以外のお店で働いてまかないがもらえたとしても、やっぱり日本食が恋しくなってレストランに行ったり、買ってまで食べたくなったと思うんです。結局出費になっていたんじゃないかと。

その点、毎日のように日本食(特に白米)が食べられる環境は、そういった欲求を抑えてくれていました。

もちろんタイ料理や韓国料理、中華などの料理を食べたくてレストランに行くこともありましたが、日常的に欲する食事という意味ではどれも違いますよね。

 

英語力が伸びないとか、賃金が安いとかいろいろと言われるジャパレスではありますが、特にこの面では私には好都合でした。

 

すべての飲食店がまかないをもらえるとは限りませんし許容される量も違うとは思います。

しかし、まかないで食費が浮くというのはワーホリ勢の間では常識です。

ちなみにカフェで働いていた彼氏は、売れ残ったパンやマフィンをよく持ち帰ってきていました。

 

f:id:kuronekotabi:20201030173957j:plain

 

 

買い物代を節約

食費以外でも、日常生活に必要なものを買うために出費がかさむことがあります。

できるなら少しでもお得に買い物をしたいですよね。

 

9.セール品を買う

スーパーだけでなくドラッグストアの店舗でも割引は頻繁にやっています。

売れ残りなどで安くなっているのではなく、週替わりや期間限定で色々な商品が値下げされています。

 

私はシャンプーや洗剤がなくなった時は、その時にお店で安くなっているものを買っていたので毎回違うものを使っていました。

コンタクトの洗浄液も安くなっているタイミングがあり、その時に買えるとラッキーでした。

 

f:id:kuronekotabi:20201030174612j:plain

またスーパーでも、ヨーグルトやバターといった日常的に食べるものは安いのを買っていて、たまに高級な商品が安くなっている時に購入して楽しんでいました。

特にこだわりがなければ、あえて高いお金を払って買う必要のないものはたくさんあると思います。

 f:id:kuronekotabi:20201030172124j:plain

また、年末にはボクシングデーと呼ばれる1年で最大のセール日があります。

色々なお店がビッグセールをしているので、街はお買い物に集まった人であふれかえる賑やかな日です。

洋服や靴などでほしいものがあれば、この日に合わせて買いたいものの目星をつけて置き、一気にまとめ買いするというのもお得かもしれません。 

 

 

10.無料の試供品をゲットする

これはごくたまになのですが、新商品の宣伝か何かで試供品を無料で配っていることがあります。

試供品て、小分けされた化粧水みたいな想像をしましたか?

違いますよ!!

 

私は冷凍ピザをワンホールごと、道行く人に配っているところに遭遇したことがあります。

それだけでも驚いたのに、1人1枚なんてケチ臭いことも言いません。人によっては複数枚手にしています。私も何度か通って3枚くらいゲットしました(笑)

さすがに多すぎたので帰ってハウスメイトと分けましたけど。

 

また別の日は、お姉さんたちが化粧品の試供品を配っていました。リップやシャドー?などいくつかの種類を配っていたので、この時も私はうろうろ。お姉さんの方から「もう1個いる?いいよー」なんて言ってくれたりしました。

 

f:id:kuronekotabi:20201030172149j:plain

実際にもらったものがこれです。

今も使っているので、少し色が剥げたりしてますね。すみません。

 

 

 

無料or格安で楽しむ

ただ節約して生活しているだけじゃつまらないですね。

せっかく住んでいるんだから、日々の生活にも楽しみがないと。

 

11.無料イベントやスポット

メルボルンはイベント好きなのか、毎週のように特に週末にはいろいろなイベントが開催されていました。

ジャパニーズフェスティバルのような各国のお祭りや、季節に合わせたイベントなど様々です。

こちらで少し紹介しています。

kuronekotabi.hatenablog.com

 

有料のものもありますが、無料で楽しめるイベントもたくさんあるんです! 

フードトラックなどで食事を買うとお金がかかってしまいますが、ステージの催しを自由に見たり、花火が上がるのを見られたり、無料で楽しめることだってたくさん見つかります。

 

●こちらで紹介したクリスマスのライトアップは全て無料で楽しみました!

kuronekotabi.hatenablog.com

 

●また、シティから少し出たところにNational Gallery of Victoria (NGV)という国立美術館があります。

f:id:kuronekotabi:20201030180321j:plain

常設コレクションは無料で見ることができます。とても大きな美術館で見ごたえ充分です。

無料で芸術に触れられることに加え、静かで落ち着いた空間で過ごすことができます。

私も滞在期間に何度も足を運んだお気に入りスポットの1つです。

 

 

●他にもシティからトラムに乗れば、海へのアクセスも良好です!

f:id:kuronekotabi:20201030180421j:plain

f:id:kuronekotabi:20201030180639j:plain

 

このセントキルダビーチでは、夏にセントキルダフェスティバルという音楽フェスが開かれます。
ビーチだけでなくその周辺の道路も歩行者天国になり、とても大きな規模ですが驚くことに入場は無料です!

 

f:id:kuronekotabi:20201030184418j:plain

このステージのうしろはすぐ海で、とーっても開放的で気持ちが良いいですよ!

ステージは他にも大小いくつかあり、好きなように見てまわることができます。

 

 

なかなか太っ腹な無料イベントやスポットがたくさんあるので、情報を日々チェックして自分で見つけるのも楽しいと思います!

 

 

12.格安で手に入れられるもの

その他に、あって助かっていたものを紹介します。

まず$1食パン

たぶんワーホリ勢の方は知っている人が多いと思います。私はオーストラリアでの生活を始めたころにエージェントの担当さんに教えてもらいました。

3斤くらいありそうな大きな食パンが薄くスライスされています。それが$1(約75円)でスーパーに売っています。

写真が見当たらなかったです、すみません…。

 

味はまあ…それなりです(笑)

そのまま食べてもいいですし、薄いのでサンドイッチも作りやすいです。

私は語学学校に通っていた時に、ツナマヨやたまごをはさんだサンドイッチを作って持って行っていました。とにかく枚数が多いので朝ごはんとお昼ご飯に食べてもなかなかなくなりません。

 

 

ちょっとしたおやつが食べたくなったときにはマクドナルドのソフトサーブ

mcdonalds.com.au

小さいソフトクリームです。

店舗によって違うんですが、だいたい¢65~¢75(約49円~56円)くらい。安すぎる(笑)

しかもこれ、おいしいです。

($1≒75円で計算)

 

 

 

そういえばオーストラリアでは日本と同じように水道水が飲めるので、それを持ち歩くようにすれば高いジュース代の節約にもなります。

 

 

f:id:kuronekotabi:20201030172625j:plain

 

 

後編まとめ

思いついたことをざっとあげてみたのですがいかがでしょうか。

 

私は基本的にお金を使うことがあまり好きなタイプではないので、必要なもの以外は極力買わないようにしていました。

最終的にはもちろん帰国する予定でしたし、「いろいろ買っても持ち帰れない」と考えることでも買い物を控えられていたと思います。

 

といっても、たまにはアクセサリーを買ってみたり、レストランで外食したりして楽しく過ごしていました^^

ワーホリでの生活をより楽しむために、適度に節約できるのがベストですね。

 

海外で過ごすには勝手がわからず苦労することも多いですが、逆に日本では体験できないイベントや物に出会えることで実感する生活の違いもまた魅力かなと思いました。

 

 

 

それにしても節約術、考えればまだ出てきそうな気がします(笑)

また思いついたら追記か新しく記事にしようかな。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました^^

それではまた!

 

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

kuronekotabi.hatenablog.com

kuronekotabi.hatenablog.com

 

ワーホリ生活費を抑える節約術!実践した12のこと〈前編〉

f:id:kuronekotabi:20200805151755j:plain

こんにちは!

今日は久々にオーストラリアで過ごしていた時のことを書こうかと思います。

 

私はオーストラリアのメルボルンに1年8か月程住んでいました。

ワーキングホリデービザで、語学学校やアルバイトなどの経験をしました。

 

そこでの生活を振り返りを少し。

といってももう帰国して1年以上経ってしまったのですが(笑)

ワーホリや留学生活を控えている方の参考に少しでもなればいいなとは思いつつ、私が生活していたのはコロナが流行るよりも前なので、もしかすると今は状況が変わっているかもしれません。

あくまで私の体験談として書いていきたいと思います。

 

 

1度は耳にしたことがあるかもしれませんが、オーストラリアといえば物価が高いです。

 

500mlのペットボトルコーラが300円近くします。カフェで軽くランチしたいだけなのに2000円くらいはすっと飛んでいきます。

特に外食は高い…。

 

比例して最低時給も日本より高いのは事実ですが、家賃、食費、光熱費、交際費などの出費をアルバイト代で賄うには、やはり節約は重要なミッションとなります。

 

私は現地でアルバイトをしていましたが、だからといって余裕があるとは言えませんでした。

ある程度娯楽を楽しんだり、なにより貯金もしたかったので、生活費で削れるところはしっかり削っていました。

 

 

 

そこで今回はメルボルンで私が実践していた節約術をシェアしたいと思います!

書いていたら予想以上に長くなってしまったので、前編後編に分けて記事にすることにします。

今日は前編です^^

それでは少しお付き合いください。

 

 

 

 

食費の節約

まずお金がかかることと言えば食費です。

前述の通り、外食はやたらとお金がかかるため、基本は自炊です。自分で食材を買って料理する、日本でも常識とも言える節約術じゃないでしょうか。

慣れればファストフードよりも大幅に安く作ることは可能です。大切なのは食材の原価を下げること。

 

1.野菜や果物はマーケットで買う

f:id:kuronekotabi:20201029172738j:plain

こちらはメルボルン最大のマーケットであるビクトリアマーケット。

 

お土産が買える観光地として有名ですが、野菜や果物、お肉や魚介類なども売っていて、地元の人が食材を買いに来るところでもあります。

f:id:kuronekotabi:20201029170146j:plain

 

私は野菜や果物はほとんどここで購入していました。スーパーよりも安いです。

また同じ野菜を買うにも、いくつかの店舗で同じものが売っているので比べて一番いいものを買っていました。

状態や大きさ、値段が違ったりするのでまずは一周してチェックするのがおすすめです。

 

2.広告をチェックする

お店で売っている物の値段は確かに総じて高いんですが、実は割引をする時はがっつり割引してくれるという特徴もあります。

 

例えばこれはスーパーの広告なんですが、週替わりで割引商品があります。

f:id:kuronekotabi:20201029163901j:plain

1/2プライスなんて結構太っ腹だと思いませんか?

期限が近いとか、売れ残りなどではないのに、半額です。

 

定期的に買うものはこのタイミングを待って買うとお得です。 

私はこの時お米が欲しくて、安くなるタイミングを見計らっていたところでした。

写真の1番上の赤いパッケージの商品がお米です。

普段これを買っていたので、半額は嬉しい!もちろん買いました~^^

 

実際の店舗でもよくこんな風に掲示されています。

ツナ缶半額。欲しくなってしまいます(笑)

f:id:kuronekotabi:20201029164006j:plain

 

 

3.アプリを利用する

とはいえ自炊ばかりではなく外食も楽しみたい…という時は、アプリを使ってみてはどうでしょう?

私がよく利用していたのはEat Clubというアプリ

このアプリを通して予約してお店に行くだけで、ここに表示されている割引が受けられるんです。

(持ち帰りの予約で割引、などお店によって条件は違います。)

f:id:kuronekotabi:20201029164504j:plain

 

現在地の地図からも、周辺で割引をしているお店を探すことができます。

お店は決めてないけど今日は外食しようかな~っていう時のお店選びにも便利です。

f:id:kuronekotabi:20201029164652j:plain


 

割引をしているお店は毎日出ているところもあれば、週末だけとかこの時間限定~とかまちまちなのですが、登録店舗数もジャンルも結構多いです。

アプリで予約するだけで普通に行くよりも20%~40%にお得になるので使わない手はないと思います。

赤い背景にお皿のマークが書かれたアイコンがアプリの目印です。

 

それからファストフードであればハングリージャックのアプリもよく使っていました。

ハングリージャックとはオーストラリアのバーガーチェーンです。

 

 

4.夕方のフードコート

もうひとつ、安く外食をする方法です。いや、どちらかというとテイクアウトかな。

それはフードコートです。

 

シティには駅の中や大きなオフィスビルの中などたくさんフードコートがあります。

でもどこも夕飯時にはもう営業していません。なので閉店前の時間行くと、お店によっては売り切るためにまとめて安く売っていたりするんです。

 

こんな風にパックに詰められて売られていたりします。

f:id:kuronekotabi:20201029165343j:plain

 

閉店前といっても、ギリギリに行くともう何も残っていなかったり、早めに閉めているお店もあるので注意です!

 

私はメルボルンセントラル駅にあるフードコートによく行きました。

曜日によって営業時間が変わるので一概には言えませんが、夕方5時くらいに行くとたいてい割引が見られました。その日の状況によって売れ残りが少なければやっていなかったりといった運もあるので、何度か確認してみるといいかもしれません^^

 

メルボルンセントラルは地下にもテイクアウトの食べ物のお店がたくさんあるので選択肢も多いですね。

 

またフードコートだけでなく、夕方で店じまいをするパン屋さん、お寿司屋さんのようなテイクアウトメインのお店でも、閉店前のタイムセールをしていることがあります。

基本的にディナータイムなどがあるレストランは別ですが、夕飯を安く済ませる方法としていいのではないでしょうか。

 

 

 

交通費、家賃の節約

住む場所は生活する上で重要ですね。

考え方も人それぞれだと思います。

5.無料区間に住む

これは交通費の節約です。

メルボルンのシティと呼ばれるエリアは、オフィスビルやショッピングできるところがコンパクトにまとまっている経済や人が集まる中心地です。

f:id:kuronekotabi:20201029170256j:plain



ワーホリでメルボルンにやってくる人は、まずこのシティ内に住むか、郊外に住むかで意見が分かれますね。私はほとんどの期間をこのシティ内に住んでいました。

 

シティ内に住むメリットは交通費がかからないということ。それはシティ圏内ならトラムが無料で乗り放題だからです。

仕事をシティ圏内で見つければ、朝起きて仕事行って買い物して帰るまで交通費は一切かかりません。おまけに生活圏がコンパクトなので移動時間の節約にもなります。

 

 

6.郊外に住む

f:id:kuronekotabi:20201029170539j:plain

シティ派ワーホリ民の真逆の意見です。

シティは便利ですが、想像できる通り家賃が高いです。

例えばシティで「5人のシェアハウス(だいたいがマンションの一室)、2~3人の相部屋、お風呂やキッチンが共同」という家に住むとします。

郊外ではそれと同じ家賃を払えば、「一軒家に3人ほど、しかもそれぞれ個室」なんて違いが出てくるのです。

お風呂やキッチンは共同だとしても一つ一つの部屋の広さも違います。それにシティはにぎやかな街ですが、郊外は昼間もとても静かです。

 

つまり、よりよい環境のお部屋により安い家賃で住むことができるのです。

f:id:kuronekotabi:20201029165532j:plain

 

それなら断然郊外の方がいいじゃんって思いますよね。

でもやはり郊外にもデメリットがあって、それは仕事が見つかりにくいということです。

雇ってくれるローカルなカフェやお店もありますが、シティに比べると少ないです。

スタッフ募集をしていたとしても、英語に不安がある滞在期間の短い外国人を雇ってくれる場所を探すのは少しハードルが高いかもしれません。

じゃあやっぱり仕事はシティで探そうとなっても、交通費がかかります

 

メルボルンで公共交通機関を使うには、Mykiというカードを買う必要があります。もちろんシティ内に住む場合でもこれは同じですが、その移動費を1か月の家賃と合わせたら、シティに住むのと変わらない!なんてこともありえます。

f:id:kuronekotabi:20201029165608j:plain

マイキーのチャージができる機械

 

ここまでデメリットも書いてしまいましたが、郊外に住んで、そのエリアで仕事を見つけることができれば、何よりも節約になると思います!

 

  

7.誰かとシェアする

私は彼氏と住んでいたので、シャンプーや洗濯洗剤、食品などの日用品は折半して購入しているものが多くありました。お互いの仕事場のまかないとしてもらってきたもので、パンもごはんもおやつもシェアできました。

 

でも誰かとシェアすることで得られるメリットは部屋を借りるときにもあります

カップルルームを探して友達やパートナーと一緒に住めば、知らない人と相部屋なんてことをしなくても、普通より少しだけ大きめの部屋に2人で住めます。

その分部屋代は高くなりますが、2人で割れば1人で住むより安く済んだりします。

 

カップルルームとはいっても要は2人部屋なので、友達同士での入居も可としているところがたくさんあります。現地で一緒に住める人がいるのであれば、そんな節約法もあります。

 

 

 

前編まとめ

個人的に食費と家賃は1番大きな出費になると思います。

特に食費は、何も気にせず外食をしているとあっという間に使いすぎてしまいますが、工夫をすることで大きく抑えることも可能な部分ではないでしょうか。

私はマーケットに行くのが好きだったり、フードコートも大好きなので、自然とそっちに足が向かっているところもありますが。

 

生活に慣れてくると、安く済ませる方法や情報を自然と得ていたりしますね。

もちろん学校や職場の友達や、日本人コミュニティーから得られる情報も多いです。

 

 

 

後編は私が1番食費を節約できた方法と、食事以外も含めた買い物での節約術を紹介します。

後編はこちら↓

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

 

それでは、

最後まで読んでくださってありがとうございました^^

 

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

kuronekotabi.hatenablog.com 

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

試験前夜に焦りまくる

f:id:kuronekotabi:20201027225048j:plain


こんにちは。

先日、ずっと目標にしていた資格試験が終わりました。

 

丸1日かけた試験で頭は疲れ果て、座り続けたせいか帰りは足も痛くて、、

長い1日でした。

 

それにしても、緊張したなぁ。

試験当日が近付くにつれて不安で押しつぶされそうでした。

こんなに必死に勉強したのも、緊張でいっぱいっぱいになったのも本当に久しぶりだったなと今は思います。

 

緊張しすぎていたのかわかりませんが、前日の夜は23:30に布団に入ったのに全く寝られず。

結局夜中3:30過ぎても眠気が来ませんでした。

早起きもしなくてはいけないのに、眠れないことでめちゃくちゃ焦ってさらにプレッシャーになるという。

 

昔からたまに眠れない日もあるのですが、それとは別にプレッシャーにもとことん弱いタイプなんですよね…。

 

 

 

でもほとんど眠れなかった割には、試験中に(昼食後すらも)眠くなることが全くありませんでした。

これもこれで緊張しすぎ(笑)

 

 

 

とにかく終わりました!

試験を受けられたみなさん、、正直大変でしたね(笑)

今年は出願期間が遅れたり、試験自体が中止になってしまうかもしれないという不安も

ありました。

その中でモチベーションを保ち続けることも難しかったですね。

 

本当にお疲れ様でした!!

対策をして無事に実施してくださった関係者の方にも感謝したいと思います。

 

 

 

結果発表は2か月後です。

頑張ったので結果につながればいいのですが、難しい問題も多かったので正直今は予想できません。

本当はすごく気になって仕方ないのですが。

もう足掻くこともできないのでしばらく忘れようと思います。

 

 

 

 

 

ところで、

いつもと同じように過ごしていて、突然「眠れない日」が来るのは何故なんでしょう。

ここ数年は2、3か月に1回くらい、眠れない夜が来ます。

仕事で疲れている日でも、緊張する予定なんかなくても、なんの前触れもなく眠気がなくなるんですよね。

そして何をしても眠くならない。

 

 

次の日が休みならまだしも、もちろんそんなことはお構いなしなので気持ちはとても焦ります。

それが何日も続くわけではないので、それほど気にしていなかったのですが、今回の大事な試験の前日というのはさすがに参りました(笑)

 

 

 

思えば今に始まったことじゃなく、小学生のころから眠れない夜はありました。

みんなが寝静まったあとに1人取り残される感覚が、本当に心細いんですよね。

昔から心配性なので、「眠れないと明日が辛い、早く寝なくちゃ」なんて思い出すともう余計に止まらなくて。

修学旅行の夜なんかも全然寝られなくて、夜中に1人で半べそかいていました。

 

 

 

昔、夜勤ありの不規則なシフトで働いていた時も、眠れないことが本当に怖かったです。

きちんと睡眠がとれていたとしても、1日の終わりにはぐったりするくらいの忙しさだったので、眠れないとさらにきついのは目に見えていました。

 

ちゃんと眠れるようにと、ハーブティーを買ってみたり、アロマを探してみたり、枕を変えたり本当に色々と対策をしました。

今考えれば神経質になりすぎてさらに負の連鎖につながるパターンだった感じもします。

 

でもそもそも寝る時間や起きる時間が不規則なわけで、眠れない日が出てくるのも仕方ない生活ですよね。

わかっていても必死に安心を得ようとしていました。

また変なことを思い出してしまったな(笑)

 

気にしていないなんて書いたけど、いろいろ思い出すと軽くトラウマになっているような気もしてきました。

 

 

でも個人的に思うのは、

毎日ちゃんと同じくらいの時間に眠くなって寝られて、朝もすっきりと起きられる。

これって簡単なことのようで難しくて、本当に幸せなことだということです。

 

今日もそんな幸せをかみしめて布団に入りたいと思います。

 

 

さて

試験が終わって少し余裕ができたので、次は違うことを勉強し始める予定です。

とりあえず中国語を再開させたいです。

 

それではまた^^

 

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 西日を見て思い出す

f:id:kuronekotabi:20201019194820j:plain

こんにちは。

しばらく更新できていませんでした。

 

昨日は西日がすごくきれいだったのに、今日はどんよりして雨も降りました。

写真は関係ないですが、台湾で撮った夕日です。

 

 

さいころ、小学生くらいの時かな。

夕方の日がかげってくる時間がすごく嫌いでした。

 

なんだか胸がざわざわしてしまって、寂しいような悲しいような

なんというか1人だけ取り残されているような孤独な気持ちになるんですよね。

 

学校から帰って友達と遊んでいても、家で家族といたとしても、

その時間はそわそわと泣き出したいくらい落ち着かない気持ちだったのを覚えています。

 

それがなぜだったのかと考えてみても、正直わかりません。

 

親や友達にそれとなく話してみても、誰にも共感してもらえなかったので、私だけおかしいんだなと思いながら余計に寂しく思っていた記憶があります。

 

 

 

何年も経って、いつの間にかそんなこともなくなっていたのですが、

社会人になって激務に追われていた時期に、同じような感覚が戻ってきたことがあります。

特に休みの日の夕方に、気持ちがものすごくざわざわしてしまって怖くなりました。

 

でもこの時の感覚は、

夜が来てしまえばすぐ明日になって、またあの仕事に追われてしまう…と仕事に対する憂鬱な気分からくるものだったのだと思います。

サザエさん症候群みたいなものでしょうか?

 

 

 

その仕事を辞めてから結構経ちます。

最近はすっかり忘れていたのですが、昨日、西日が部屋に差し込んでいるのをみてふとそんな感覚を思い出したのでした。

あまり好きな感覚ではないので、懐かしいというよりはまた気持ちがざわっとしてしまいました。

疲れているのかな(笑)

 

f:id:kuronekotabi:20201004170846j:plain

淡水の夕日

 

 

 

さて、以前から勉強していた資格試験の試験日まで1週間をきりました。

 

ブログを更新するどころか、パソコンを開く時間も惜しんで机に向かっていました。 

勉強できる日数を数えられるくらいに試験日が近くなってきて、かなり焦りを感じています。

 

 

私は周りに同じ試験を受ける仲間がいるわけでもなく、スクールに通うわけでもなく、1人で自分なりに勉強しています。

人と比べてもいいことはないとわかっていても、これで本当に大丈夫なのか?という不安はどうしても拭えず。

黙々と机に向かって勉強を進めるだけです。

 

 

この半年以上勉強を続けてきて、決して簡単じゃないということだけは毎日感じています。

むしろ、やってもやっても不安しかないくらい私には難易度が高い(笑)

 

でもほんの少しでもいいから毎日必ずテキストを開くを目標にして、それは守ってきました。

最後までできることをやるしかないですね。

 

 

体調管理もしっかりしなきゃと1人でピリピリしています。

今はいいけど、なんとなく終わったらどっと疲れが出てしまいそうな気もする…。

 

 

 

ベランダで育ててきたラディッシュの成長が見られて、ブログにしたいこともあるのですが、試験が終わって余裕ができたらまたゆっくり記事にしようと思います。

 

 

 

ちゃんと結果が出ることを願って、今日ももう少し勉強して寝ます!

それではまた^^ 

 

 

kuronekotabi.hatenablog.com

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ラディッシュの成長記録④ 変化

こんにちは。

 

初心者が育ててみようと始めたベランダ栽培。

kuronekotabi.hatenablog.com

 

  

ベランダに置いたプランターで、ラディッシュバジルを育てています。

先日はバジルを収穫して食べてみました。

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

そろそろラディッシュも食べたいなぁなんて。

 

 

 

前回まで

種をまいてからもうすぐ2ヵ月が経とうとしています。

前回はラディッシュの葉に虫食いの穴が開いてしまって、対処をしたところでした。

↓こちらの記事

kuronekotabi.hatenablog.com

 

そのころのプランターはこんな感じ。

f:id:kuronekotabi:20201010170136j:plain

手前1列はバジル、奥がラディッシュ

 

その後ですが、虫食いの被害はピタリとおさまりました。

虫食い跡は目立つものの、それ以上広がることはなくなったのでひとまず安心。

 

 

f:id:kuronekotabi:20201010170317j:plain

23日目

 

まだひょろっと細い苗ばかりでした。 

このあと土寄せをしました。

 

 

それからの成長過程はこんな感じ。

f:id:kuronekotabi:20201010170626j:plain

27日目

f:id:kuronekotabi:20201010170715j:plain

30日目

 

葉が茂ってきたので間引きをしました。

f:id:kuronekotabi:20201010171034j:plain
f:id:kuronekotabi:20201010171048j:plain
35日目 Before ➡ After

土の表面が見えるほどスカスカになりましたが、数日でまたワサワサになりました。

f:id:kuronekotabi:20201010171806j:plain

43日目

f:id:kuronekotabi:20201010171944j:plain

49日目

 

水やりの頻度は3日に1回くらいになりました。

最近は雨や曇りの日が多くなってきたので、日が出そうな日はなるべく光にあてられるように場所を工夫したり。

 

 

成長はというと…日に日に葉が茂っていく感じはあります。

でも根元が膨らみだす様子はまだありませんでした。

自分なりに調べてみても、そろそろ根元が膨らんできてもいい頃だとは思っていたのですが…。

f:id:kuronekotabi:20201010171316j:plain

間引き菜

 

 

 

見つけた変化①

何日かしばらく様子を見ていると、根元が割れているものを発見。

f:id:kuronekotabi:20201010172044j:plain

 

赤くなっている根元の部分に切れ目が…

f:id:kuronekotabi:20201010172117j:plain

 

うすうす感じていましたが…

ラディッシュはこのまま大きくなることなく終わってしまうかもしれない。

少し落ち込みました。

 

 

日照時間が短くなった中でも、お日様に当たった日はなんとなく葉も元気になった気がしたので、まだ成長するのかなーなんて淡い期待もしていたのですが。

 

f:id:kuronekotabi:20201010172248j:plain

 

葉は少しずつ増えて大きくなっていくのでこんなに混みあって見えますが、全体では今は10株くらいしかありません。 

 

f:id:kuronekotabi:20201010172322j:plain

 

 

 

 

変化②

そんな50日目。

f:id:kuronekotabi:20201010172514j:plain

50日目

ん?

 

あれ、少し膨らんでる。

 

 

お手本のようなきれいな丸みを帯びた形ではありませんが、根っこが他のものとは明らかに違う太さのものを見つけました。

他の苗はあまり変わっていないけど、これだけ形が違う!

 

すこしわかりにくい写真だったのでもう1枚。

f:id:kuronekotabi:20201010172741j:plain

53日目

↑の方の写真のヒョロヒョロな根とは違います。

 

 

 

しばらくなんの変化もなかったので、もう引っこ抜いちゃおうかななんて思っていたところでした。

 

合っているかわからないけど、変化が見られた!

嬉しかったです。

 

 

 

よくみると他にも根元が少し太くなってきた苗があるような?

でも土の中に埋もれているのであまりよくわからないです。

 

根元が割れてしまったものは膨らんでいませんでした。

それも育っているラディッシュを収穫する時に、全て一緒に抜こうと思います。

 

収穫時期は?

そろそろ成長も最終段階です。

でもいつ収穫したらいいんでしょう?

 

ネットでは、見えている部分が2~3cmくらいになったら収穫のタイミングだと書いてあるものがありました。

でももともと歪な形だし、そんなに大きくなるかもわからないし。

判断できません。

 

植えっぱなしでも実が割れてしまったりするそうなので、そうなる前に収穫したいです。 

タイミングが難しい~!

もう収穫しちゃおうかな(笑)

 

f:id:kuronekotabi:20201010174618j:plain

葉っぱ食べますよ~

 

 

そろそろ

成功だったのか失敗してしまったのか、まだわかりませんがすぐに結果はわかりそうです。

 

最近雨が増えて日照時間が減っているし、気温もぐっと下がっています。

そういう急な変化もいくらか影響してくるのかな。

 

たとえ実が大きくならなかったとしても、間引き菜と同じように葉だけでもおいしく食べたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

それではまた^^

kuronekotabi.hatenablog.com

kuronekotabi.hatenablog.com

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

季節の変わり目のコントロール

 

f:id:kuronekotabi:20201008230056j:plain

こんにちは。

 

上の写真はこの前、久しぶりの太陽にあたってきれいな緑を見せてくれたラディッシュです。

 

 

 

最近は急に気温が下がったり、お日様が出る時間が少なかったりしていますね。

大きく寝込むほどではなくても、季節の変わり目だったり、気圧の変動なんかで私は結構すぐ体調を崩してしまうので困りものです。

 

特に今の時期は、どこか少し悪いかも…と思うだけで色々なことが心配になってしまいます。

どちらにせよとても敏感になっている感じ。

そうならない為にとしっかり体調管理をしているつもりですが、毎日変わる気候の変動に勝てないこともあります。

 

 

 

昨日の夜はぐっと寒く感じたので、掛け布団を冬用の暖かいものに替えました。

まあ一時的にではあると思いますが。

 

私は冬が苦手なので、寒さには過剰に対策をしてしまいます。

今シーズンはもう2回ほどホッカイロを使いました(笑)

 

私の身体は体温調節がなかなかへたくそです。

急に暑くなったり寒くなったり忙しいですよ。

 

 

 

 

 

何年か前に、激務に耐えきれず体を壊して仕事を退職したことがあります。

 

今はすっかり元気になったのですが、それ以来なにかと体調を崩しやすい身体になってしまった気がします。

年を重ねた、というのも理由のひとつかな(笑)

 

 

人間、無理できないんだなと思います。

自分の調子の良し悪しを感じられるのも自分しかいないので、きちんと向き合っていかないといけないですよね。

 

 

「病は気から」と言いますが、なんでもないような小さなことが気になって逆に体調に響くこともなきにしもあらず。

気持ちのコントロールも大事ですね!

 

 

 

みなさまも体調崩されたりしませんように。

暖かくして寝ましょう^^

 

それでは。